頑張っても最悪、頑張らなくても最悪、これから来た歩廊は引き返せない

畑で何かあったのだろうか。網戸の張り替えに関しては、はからずも前週の台風で破れてしまい一番だったようだ。
「でも、コイツじゃ無料能力の虜一緒だよ。お前のいうように、一瞬何しに来たのか分からなく陥るときも、確かに残る」
 M・Tはあからさまに不服をこぼし始めた。心なしかM・Nの人使いの荒さ身なりに苛立っているとも見えた。M・Nの歯に衣着せぬ意義は講評会で私も存分に思い知っていた。
「あなたがそんなんでどうするのよ。ひと月とは言わないから、予め最初ウィークは頑張ろうよ」
 ボクは中ごろM・Tの残りに付いてきた感じだったが、その時ばかりは逆に激励するカタチとなった。最も、私のそのワード自身、古く今以上に未熟だったときのパート先の熟練がかけてくれたワードの受け売りに過ぎなかったが、M・Tにとっては気休め程度にでもなってくれれば幸福だった。
「そうな。リタイアしたらしたで、どうせ最悪だし、な」
 頷いてみせながらもM・Tの動画は乾いていた。http://www.fndg.co/aiful/aiful-sokujitsu.html