お子さんのミニバスケットボールの成長を視聴したこと

お子さんをプチバスケットボールの実習に送っていって、余裕1暇前にもう一度体育館に赴き、実習を見学してきた。組に加入してから約半年。はなはだ、バスケットボールらしく動けるようになってきた。一番初めに視聴したのは、レイアップシュートの実習だった。敢然と「1,2」と進度を踏んで、ふんわりボールを置いて来る感覚でシュートを打てあり、育ちを感じた。そのあとに、1対1をやった。オフェンスはお子さんは足が速いので、スピードを活かしてディフェンスを引っこ抜くのだが、抜いた引き返し気を抜いて、スピードを落としてしまうので、一気にディフェンスに追いつかれて仕舞う。また、ディフェンスは、重心が厳しく、反響が遅れてしまっていた。膝をきちん曲げて、少々つま先立ちになってほしいと思った。最後に5対5をやった。駆けながらもらうことを意識するように話したのだが、それを敢然とやっていたのでよかった。上級生が数多く、ゲームには、少々出れないが、敢然と初心を見に付けてほしいものだと思った。脱毛ラボ 料金 スピード